POCKET FACTORY
TOP ショッピング 焙煎士P 店舗情報 会員ページ お問合せ

珈琲とお茶の極上の出会いが産む、多幸感。

焙煎士が西尾の抹茶と出会った時からここに辿り着くことは決まっていた。
そう思わせるほどの珈琲が出来上がりました。

抹茶になるまえの茶葉、粉砕されるための茶葉を「てん茶(碾茶)」といいます。
愛知県西尾で育まれたてん茶を想いながら、焙煎士は世界各地から名古屋に集まった珈琲豆を岐阜県下呂地方でつくられた雑炭で焙煎しました。
そして、焙煎された豆を砕き状態をみながら、てん茶を混ぜて出来上がります。

これに美濃和紙でつくった濾紙と養蜂の歴史の深い岐阜にある養蜂所とともに作った珈琲蜂蜜を木箱にいれてお届けします。
金額:30,000円(税抜)

内容:
和珈茶 100g / 豆の蜜 1瓶 / 和紙の濾紙 10枚
(はじめての方でも入れられるように説明書ついています)